中国ネット流行語大賞トップ10、「錦鯉」や「skr」を徹底解説

中国教育省(日本の文部科学省に相当)傘下の国家言語資源モニタリング・研究センターは「2018年度ネット流行語大賞ベスト10」を発表した。

 1位から順に、「錦鯉(強運の持ち主)」、「杠精(へそ曲がり)」、「skr(スカァト)」、「仏系(仏さまのように物事に拘泥しない)」、「確認過眼神(一目見て分かった) 」、「官宣(公式発表)」、「C位(センター)」、「土味情話(ベタな愛のささやき)」、「皮一下(やんちゃだね)」、「燃焼我的カ路里(私のカロリーを燃やして!)」だった。

 このなかには、日本由来の錦鯉や仏系、C位(センター)、カ路里(カロリー)といった日本由来の言葉が目立った。中国政府系通信社「中国新聞社(電子版)」が報じた。

 1位に輝いた「錦鯉(jin2 li3)」は最近、中国で空前のブームになっている。錦鯉は日本でも人気だが、中国では「鯉の滝登り」の故事があるほど極めて縁起が良いとされており、ここ数年は高所得者層が増えたことから、1匹が1万元(約17万円)もする錦鯉もすぐに売れるというほどの人気だ。錦鯉の生産地として知られる河南省では年間で8000万匹の錦鯉が売れているという。

 もっとも、流行語大賞のトップになったのは中国ネット通販最大手「アリババ」の決済サービス・アリペイが公式微博(ウェイボー)アカウントで、書き込みを転載して抽選に当たれば「中国錦鯉になれる」というキャンペーンを実施したことから。

「この錦鯉をシェアするだけで、これから働かなくていい」という呼び掛けにネットユーザーが反応して、300万回以上のリツイートと2億超えのアクセスを記録。このユーザーは多額の賞金と商品を獲得。このため、アリペイの「中国錦鯉」は「強運の持ち主」との意味に転じて、大盛り上がりのキャンペーンになったのだ。

  2位の「杠精(gang4 jing1)」は、「揚げ足を取って屁理屈を言う人」のことをいう。物事における真相や是非はどうでもよく、反対のための反論ばかりして、正しいか、間違っているかは無視して、論争のための論争を続けるという、ネット上ではありがちな人物を表している。

 3位の「skr」は英語自体がもともとは車のタイヤが勢いよく回転し、煙が出て急発進する時の音。ある人気歌手がバラエティ番組で頻繁に使ったことがきっかけでブレークしたもの。

 4位の「仏系(佛系 fo2 xi4)」、2014年に日本のあるファッション誌が紹介した新たな男子シリーズ「仏男子」に由来している。「仏男子」とは恋愛よりも、自分ひとりの時間や自分の趣味を大切にしたいと考える傾向が強い男子のこと。中国のSNSで流行し、争いごとを好まず、勝ち負けを気にせず、自分らしいライフスタイルを保つ姿勢のことを指している。これが転じて、「仏系青年」や「仏系女子」などの言葉も生まれた。

 5位の「確認過眼神( 确认过眼神 que4 ren4 guo4 yan3 shen2)(一目見て分かった)」はもともと「目を見て確認する」という意味で、人気歌手の林俊傑(リン・ジュンジエ)の歌『醉赤壁』の歌詞「僕は眼差しで、運命の君と巡り合ったことを知った」からきており、大流行した。

 6位の「官宣(guan1 xuan1)」は文字通りの意味。人気女優の趙麗穎(チャオ・リーイン)と人気俳優の馮紹峰(ウィリアム・フォン)が2018年10月、微博(ウェイボー)に「公式発表」と題して、入籍を同時に発表したことが流行のきっかけとなった。

 7位の「C位(wei4)」も文字通りの意味で、ネットユーザーの間で、最も重要な位置、最も注目される位置という意味で使われるようになった。

 8位の「土味情話 (tu3 wei4 qing2 hua4)」と9位の「皮一下 (pi2 yi2 xia4)」、10位の「燃烧我的卡路里 (ran2 shao1 wo3 de1 ka3 lu4 li3)」は、それぞれネット上のゲームや動画などで使われ流行した。

転載

スマート中国語教室

住所:

羅湖校
深セン市羅湖区人民南路
天安国際大厦B座2307室
(地下鉄国貿駅
C口またはB口から徒歩3分)

南山校
深セン市南山区南山大道
1153号天源ビルB棟16F

電話(日本語対応可能):
152-2013-7108

受付時間:
8:00-22:00