【中国文化】酒桌文化

中国も日本も、お酒が大好きな国ですね。
しかし、お酒を飲む状況、シチュエーションに違いがある場合があります。中国では、商談の際にクライアントさんなどとお酒を飲みに行かなければならない場合があります。会議室などで契約が成立しなかったとしても、酒の席で成立することもあります。なぜなら中国人はお酒がだいすき大好きだからです。

特に中国の男性と男性の間では特にです。しかも、お酒を飲む前は、ただの友達が、お酒を飲んだあとは、兄弟分になることもしばしば。お酒を飲む両者は相手にたてるために、そして相手からの印象をよくするために必死にお酒を飲みます。たくさん飲めば飲むほど、相手に敬意を示しているそも言えるのです。そのため、通常はお互い酔っ払う程飲むのです。その次の日に起きたあと、お互いの関係が親密になっているというのです。
ですから、中国人と商談する際、また仲良くなるのにも、お酒が強いというのは非常に大事なことなのです。日本では、一般的には商談と契約交渉は会議室などで行われますね。酒を飲むのは、商談が成立したあとなど、お互いに契約成立を祝い、飲んだりですね。
日本ではお酒を付き合いの一種とみなしますね。日本で友人関係を築くには、まずは何気ないことから、ゆっくり仲良くなっていき、ある程度まで仲が良くなったら、一緒に飲みに行ったりしますね。長い時間のをかけて、お互いをよ~く理解した後に本当の友達になりますね!!
それ以外に飲むお酒の種類も異なります、中国で、商談の際は通常白酒を飲みますね、友達同士だと普通にビールを飲みます。日本では祝賀の時であろうと、友達同士であろうと通常はビールか日本酒、ワインなどを飲みますね。白酒を飲む人もいますが、本当に少ないですね。

スマート中国語教室

住所:

羅湖校
深セン市羅湖区人民南路
天安国際大厦B座2307室
(地下鉄国貿駅
C口またはB口から徒歩3分)

南山校
深セン市南山区南山大道
1153号天源ビルB棟16F

電話(日本語対応可能):
152-2013-7108

受付時間:
8:00-22:00